くらしの雑学

スクミリンゴガイって何? どんなもの?

スクミリンゴガイって何? どんなもの?

スクミリンゴガイって何? どんなもの?

スクミリンゴガイとはジャンボタニシのことです。ジャンボタニシ…でもタニシとは違うんだよね? と疑問に思ったので調べたことをまとめてみました。

スクミリンゴガイって何?

リンゴガイ科の巻貝で、タニシに似た外見をしています。そのことから「ジャンボタニシ」と呼ばれる南米原産の外来種の淡水巻貝です。学名 Pomacea canaliculata 。

卵はピンク色で見た目は木苺っぽい (ちなみにすごくまずいらしい)

田んぼの中などにいる要駆除生物で、駆除せずにそのまま放っておくと稲が食害されてしまいます。稲が青々と茂る季節になっても稲がスカスカな田んぼがもしあったら、それは「スクミリンゴガイ」の被害を受けてしまっているのかもしれません。

スクミリンゴガイは食べられる?

スクミリンゴガイが食べられるかどうか調べてみたところ、Twitterではチャレンジしている方が割といらっしゃるようでした…でもやはり寄生虫の問題もあって個人的にはちょっと怖いかなと思います(^-^;)

生や半生状態で食するのは絶対アウト。脳・神経・視力などに影響するのだそうでとても怖いです。採取時・調理時の手袋や使用したまな板の殺菌・消毒など徹底することはマストですね…私は挑戦できないけど。。。

スクミリンゴガイってタニシとどう違うの? 見分け方

元々食用として南米のラプラタ川流域から輸入されたスクミリンゴガイ。在来種であるタニシと比べるとどう違うのでしょうか?

ざっくりとその特徴をまとめてみると以下のようになります。

形状 貝の巻き方
スクミリンゴガイ ずんぐりしていて丸っこい。触覚が長く殻が薄い 螺旋の下部の幅が広い 産卵する
タニシ(マルタニシ) 全体的に細長い 巻きのフォルムが均一 産卵しない

 

タニシの他に似ている貝にモノアラガイ、サカマキガイなどがありますがこれらはスクミリンゴガイやタニシと違って螺旋下部の開口部に蓋がありません。

スクミリンゴガイの天敵は?

スクミリンゴガイの天敵はカメです。ということは、亀を放てば楽に駆除できる…? と思ってしまうのですが、田んぼに亀を解き放ってそちらはそちらで増えてしまったらまたそれは大変なのかな? と思ったり。なかなか難しいですね。

駆除にあたる方はどうかお気をつけて臨んでください!

 

 

 

ABOUT ME
ゆう
おいしいもの大好きなママです。雑人間だけど丁寧な暮らしをしたいな~と思っていろいろ整え中。 ♡ameblo https://ameblo.jp/quimama ♡楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_766d713082/items