快適生活

押し入れにある服のカビ予防!もうできてしまった時の対処法も解説!

押し入れにある服のカビ予防!もうできてしまった時の対処法も解説!

押し入れにある服のカビ予防!もうできてしまった時の対処法も解説!

 

皆さんは、押し入れには何を入れていますか。多くの人は服を入れているのではないでしょうか。そして今の時期、押し入れにある服に考えられることといえば、カビです。湿度が高い季節になるとカビはより活発になるので、できる限り対策を講じる必要があります。

 

今回は、押し入れにある服にカビができないようにする予防法と、もしできてしまった時の対処法などを皆さんにご紹介します。

 

押し入れにある服にカビができないようにするには?

まず、カビが生える原因から説明します。カビは、気温が大体20℃以上、湿度はやく70パーセントになると繁殖します。それに加えて、ほこりや皮脂など、カビによって栄養となるものがあればなおさらです。

 

押し入れは締め切っているので空気がこもりやすく、気温も湿度も高い状況にあるためカビが繁殖しやすい環境になっているのです。そして、毎日掃除すれば何も言うことはないのですが、押し入れを毎日掃除する人は少ないため、ほこりもたまりやすいのです。

 

押し入れにある服にカビができないようにするには、押し入れの除湿、掃除、そして押し入れとは関係がなさそうな洗濯槽まで掃除をするようにしましょう。

 

カビは湿度70パーセントほどで活発になるため、除湿は非常に効果的な対策であるといえます。60パーセント近くになるとカビの繁殖力は著しく低下していくため、定期的に押し入れの扉を全開にして風通しを良くしたり、除湿器を使ったりして湿度を下げましょう。

 

置くタイプの除湿剤も常に置いておけばよいのですが、服の配置などにも注目してみてください。押し入れに服を隙間なく詰めていませんか。このような状況下だと空気がこもりやすく、カビが生える原因となってしまいます。

 

そして、掃除ですが、ほこりを栄養とするカビにとって掃除をされると栄養がなくなるので、掃除はほこりの繁殖力を低下させることになります。押し入れの掃除を定期的に行うようにしましょう。

 

そして、その日に着た服は汚れがついているので、そのまま何もせず押し入れに放り込むのではなく、洋服ブラシでブラッシングしたり、一度洗濯したりしておくなどして汚れを落としておきましょう。目に見えない汚れもカビは栄養分としてしまいます。

 

洗濯槽の掃除は、押し入れの服のカビ対策として関係なさそうに感じるかもしれませんが、間接的に関係しています。洗濯槽の掃除を怠っていると、洗剤の残りや他の洗濯物からの皮脂が溜まり、カビが生える原因となってしまいます。

 

汚れのたまった洗濯槽で掃除をした服を押し入れに入れてしまうと、カビが繁殖してしまいますので、重曹などの洗濯槽を洗えるアイテムを使って定期的に洗濯槽の掃除をしておきましょう。

 

もうカビがついてしまったら?

では、カビの予防を怠り、もう服にカビがついてしまったらどうすればよいのでしょうか。一番良いのはもう捨ててしまう事です。カビはある一つの服に発生するとそこから広がっていくこともあります。ので、できる限り捨てた方が他の服の事を考えると良いのですが、カビが付いた服がお気に入りにものだったりすると捨てることは難しいですよね。

 

カビを除去する方法は存在し、白カビと黒カビで除去する方法は異なります。白カビは木地の表面に広がっていることがほとんどで落としやすいのですが、黒カビは繊維の奥まで値があり落とすことが難しいという特徴があります。

 

白カビが生えていると気づいた場合、簡単に落とすことができるため、洗濯機で洗ってみましょう。この時、他の洗濯物と一緒に洗うという事は避け、カビが出ている服のみで洗うようにしてください。

 

そのあと、漂白剤とアルコールスプレーを使い、屋外で除去します。服をはたいてカビを落としたら、除菌のためにアルコールスプレーを吹き付けましょう。この時、残量などは気にせずまんべんなく、たっぷりと吹き付けるようにしてください。あとはもう一度、漂白剤を加えて洗濯機で洗いましょう。完全に乾いたら完了です。

 

黒カビの場合は、同じく漂白剤に加えゴム手袋、バケツ、綿棒を用意してください。ゴム手袋は手を保護するためにつけておき、黒カビのある所に綿棒を使い漂白剤を塗りましょう。次にバケツにお湯、そして漂白剤をまぜ、服を入れて2時間ほど待ちましょう。カビが落ちていたら、もみ洗いをしてから洗い流し、しっかりと乾燥させてください。

 

注意点として、ゴム手袋は漂白剤を触る場合は絶対に外さないようにしてください。皮膚疾患の恐れがあります。色落ちが気になる場合は、漂白剤に付けてから30分おきに確認しに行きましょう。

 

カビは予防が大切!

白カビでも黒カビでも、一度衣服についてしまうとどっちであれ除去は少し面倒なため、カビがあるのが嫌なら予防を重点的に行いましょう。掃除や押し入れの開放は定期的でよいため、そこまで手間もかからず予防をすることができます。

ABOUT ME
ゆう
おいしいもの大好きなママです。雑人間だけど丁寧な暮らしをしたいな~と思っていろいろ整え中。 ♡ameblo https://ameblo.jp/quimama ♡楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_766d713082/items