くらしの雑学

フリゲート艦と駆逐艦、イージス艦の違いとは?

フリゲート艦と駆逐艦、イージス艦の違いとは?

軍艦には時代や用途によって様々な船種があります。

本日はフリゲート艦、駆逐艦、イージス艦の違いについて詳しく見ていきたいと思います。

フリゲイト艦とは

元々は快速の帆船を指して「フリゲート艦」と呼んでいました。第二次世界大戦中になると水上戦闘艦を指すようになりました。この頃は主に船団の護衛や哨戒 (しょうかい: 敵の襲撃に備えて特定区域を警戒すること) に使用されていました。

時代により任務も大きさも変化をしています。現在では昔の駆逐艦よりも大きいものが多いです。ヨーロッパを中心に駆逐艦の代わりに作られています。商船団や補給部隊、揚陸部隊の護衛を担い対潜・防空能力を持つ艦のことを指しています。

駆逐艦とは?

敵の小型船を駆逐することを目的として作られた小型攻撃艦。軽快な動きが可能な戦闘機ですが小さいので大きな波に弱く外洋を出るには適していませんでした。現在では艦の大きさは関係ないとされています。

 護衛艦とは?

特に決まった定義はなく、空母や輸送船団を護衛する役を担う軍艦のことを護衛艦と呼びます。

イージス艦とは?

イージス艦という名前は船に全く詳しくない人でも名前を聞いたことがあるかもしれません。アメリカが開発したイージスシステムを搭載している艦をイージス艦と呼びます。

イージスシステムとは遠くの敵機を正確に探知できる能力を持つ防空戦闘の機能を重視して開発されたシステムです。このイージス・システムは現在多くの巡洋艦、駆逐艦、フリゲート艦に搭載されています。

ABOUT ME
ゆう
おいしいもの大好きなママです。雑人間だけど丁寧な暮らしをしたいな~と思っていろいろ整え中。 ♡ameblo https://ameblo.jp/quimama ♡楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_766d713082/items