くらしの雑学

メガロドンってどんな生き物? 生息地域や画像

メガロドンってどんな生き物? 生息地域はどこの国周辺?

メガロドン (ムカシオオホホジロザメ) はすでに絶滅したといわれている古代サメです。

本日はこのメガロドンについて詳しく見ていきたいと思います。

メガロドン (ムカシオオホホジロザメ) ってどんなサメ?

メガロドンはネズミザメ科に属する生物です。

身体の大きさは成体で体長18メートル、重さは約48トンと超大型。尻尾は4メートルほど、背びれだけを見ても1.6メートルと大人の身長に匹敵するくらいの大きさ。

クジラをも捕食していたとのこと。想像しただけでも恐ろしいですね…!

今から約600万年~200万年前の鮮新生中期に絶滅したと言われています。

メガロドンの写真・画像

メガロドンの生息地域はどこの国周辺?

メガロドンが生息されていたとされる地域は太平洋北部の亜寒帯地域です。

ベーリング海や

これらの海域を主たる生息地としていました。国でいうとカナダ~北米あたりですね。また日本海やオホーツク海にも現れることがあったとされているのでかなり広い範囲に生息していたようです。

日本海

オホーツク海

 

 

 

 

ABOUT ME
ゆう
おいしいもの大好きなママです。雑人間だけど丁寧な暮らしをしたいな~と思っていろいろ整え中。 ♡ameblo https://ameblo.jp/quimama ♡楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_766d713082/items